FC2ブログ
趣味のこととか
2020/08«│ 2020/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/10
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2020/02/04
21:08:42
認知症は神様が人間に与えてくれた贈り物だという話を聞いたことがある。命が尽きようとする瞬間までアレやコレや心配していたら安らかに逝けない。
忘れることは大事
それが簡単にできたらきっと世の中の憂いは減ると思う。
自分も忘れて、腹を立てず穏に生きていきたい。嫌なこと全部忘れられたら幸せである。
忘れられた事に腹を立てても仕方がない。それでも誠意で約束を守り続ける自分はどうしようもなく愚かだと思う。なぜそうするのかと言えば、自分の作品が可愛いからである。腹を立てて文句を言ったら、
「直します。表に出しません。」
それて済まされてしまった。
自分には2曲完成出来なかった曲があった。
一曲はコンペの歌詞が気に入らなくてボツにしている。もう一曲は作詞を断られたけれどどうしても具現化したくて放置していたら歌詞をつけてくださる方がいて動画になり、完成できた
自分で作った作品に対する気持ちの温度差が大きいと感じた。同じという事はありえないが、折り合いをつけられる接点が違うと感じた。
それでもよく続いているのは利害が一致したからだと思う。利害の点で頑張ってきた。
約束を忘れる人が自分の潔白を証明してくれるのだろうか?
副業禁止の自分に嫌疑がかかったとき名前も知らない人が。
都合悪ければ、ばっくれられるこのネットの世界で生きる人が。
一番作りたいと願ったアルバムの話は、料亭でしている。何度も参加しているイベント会場ではない。
都合悪い事はみんな忘れるだけだから簡単である。自分もそうする権利があるのに、年末のメッセージである。都合よく自分を利用しているだけなんだなと感じた。
外国人とのやりとりの件は覚えていたのに。
M3春とかもじゅみねコンピの件を心配するメッセージは自分が参加したい旨だと思って作業再開したら、頑張って下さい、陰ながらみたいな返事で後から理由を書いて来た。真意がどこにあるか測りかねるが、相手の気持ちなど全く考えてはいない。
全てはご都合主義。自分もそうしたいのに誠意が邪魔をしてできない。
忘れたいのに自分の心はあのM3秋の翌日から止まったままである。

スポンサーサイト




コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://59ilu.blog.fc2.com/tb.php/406-71e66018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア