趣味のこととか
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2013/08/03
23:45:50
今日は午後から出勤して,夜に課で飲み会。

来月のプロジェクトとか年末締め業務のこととか,メンバーは誰がよいかなどの話し合いをした。

酒が入るとついつい本音というか・・・仕事に対する熱意が低い人間についての話になるのだ。
しかしみんなオトナだから,面と向かって本人には言わないのだ。

だがそれは間違っているのだろうなとも思う。

仕事をしていて怒られることがあるとすればソレは財産である。

言ってくれた人に感謝すべきなのだ。
いい年をしたオトナに注意するのは骨の折れることなのだ。

残念なことに言われた方はついつい

「ムカツク。何も分かってないとか」

思うけれど,言われたことを冷静にふり返り自分に生かせる者が将来の有望株である。

但し言う方は誠意が無ければいけない。
若者に仕事を任せきりにして,教えたりアドバイスしたり一緒に考えたり
していないと。
それを怠って,

「若いの使えねー」

とぼやくのは間違っている。


自分が想像するどこのの職場であっても
使えない上司や使えない若者がいることは確かである。


いち早く気づけるか気づかないままいくか・・・

とか・・・偉そうにほざいている自分はまだまだ若者に優しくできていないので気をつけたい。



しかし・・・休みをとらなくてはならないことは言えなかった。
そこにいたメンバーはみんな仕事を真剣にこなしているから言いたくなかった。
とても後ろめたくなってしまったのだ。いずればれるのだがな。
その時のことを考えただけでも・・・
自分がいなくても仕事も,この世界もまわっていくのだ。
それは分かっているのだけれど・・・
自分のフォローしなければならなくなる自分の課の人たちにとってはえらい迷惑なことなのだ。
なぜならみんなそれぞれたっぷりと仕事がのっているから。もちろん自分自身にも。

仕事量の不均衡は今に始まったことではないのだ。

「そんなに頑張っても,給料は同じ」

そう言ってはばからない者がいる。
だから,自分は能力別給料が良いと思っている。
自分が能力をみとめられずあまりもらえなかったとしても仕事をやらない人は当然もらえない訳で。

ただ,民間のように基準がはっきりしない。
「いくつ契約をとったのか」のように。

異動をして2年目に突入したが,今の職場はとてもキツイ。
管理職はゆるいからその分楽だ。


本当に敵前逃亡だよな・・・情けないっっ


スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://59ilu.blog.fc2.com/tb.php/32-ad11bf3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。ピアプロで歌詞募集をさせて頂いたり,ニコニコ動画に動画などを投稿しています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア