趣味のこととか
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2013/07/27
11:46:24
 以前twitterのTLに

 「創作者は自分の世界を作って自己満足している◎☆■ー野郎だ」

 と流れてきたことがあって,自分はそれにものすごく腹を立てた。
 
 「作曲のどこがセルフ快楽なのか・・・」

 呟いた方が有名なボカロPだったから,創作者と言って指すのは作曲者かと思った。

 自己満足という点では賛同するが,セルフ快楽という概念には賛同できない。

 何故かというと・・・「充実感」が伴うか否かということである。
 作曲していて技術はまだまだやも知れないけれど,作り上げたという満足感があり,次に進もうという意欲が高まるのだ。
 それに対してセルフ快楽の方は・・・一瞬の快楽であり罪悪感さえ感じることがある。

 確かに感情のままに旋律を創り出している瞬間はそれに近い・・・しかし満足度が違うのだ。
 
 楽しい・切ない・挑戦的な・悲しい・元気になりたい・ネタ・・・数えたらキリがない。

 そして次の曲また次の曲と感情のままに作り上げていくのだ。

 セルフ快楽はおかずが変わるに過ぎず,本質的には「エロい感情」だけである。

 その方はおそらくいつも同じ感情で創り,満足していないから虚しくなるのやも知れませんな。
 締め切りやノルマで縛られるなど・・・追い詰められて作る場合はそういうことになりますな。
 自分が作りたくない方向で作らざるを得ないとか。
 創作自体は好きでも心から楽しんで作っていない。

・・・そういうことなんだと思う。

 自己満足・・・大いに結構なことだと思う。人に迷惑をかけていないなら。 
 
 
スポンサーサイト
次の記事:BARREN
このページのトップへ
前の記事:やらしい話

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://59ilu.blog.fc2.com/tb.php/29-e398544b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。ピアプロで歌詞募集をさせて頂いたり,ニコニコ動画に動画などを投稿しています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。