FC2ブログ
趣味のこととか
2020/01«│ 2020/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 »2020/03
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
16:44:56
明日のM3は、新型肺炎の流行のため出展を自粛する事になった。申し込んだ時はこのような事態になるとは夢にも思わなかった。
M3は「室内、至近距離、一定時間の人混みにいる」という条件を満たしている。
一人でいろいろ考えながら、イベントに出て向き合いたいという思いもあったのだが、今は出る事を諦めざるを得ない状況に、どこかで安堵している自分がいる。他人は自分ではない、生活環境を始めとして全く違う者同士が協業していく難しさを感じている。
しばらくは仕事が忙しくて何も出来ないからそれも良い意味での気分転換になれば良いってコトで。
スポンサーサイト



2020/02/17
23:11:28
ボカロ音楽を彩るモジュールについて全く造詣は無い。人気のモジュール名を知るのみである。PVのイラストをお願いした絵師さん達が、モジュールイラストを作って描いて下さった事と、呟きのフォロワーさんがゲーム実況をしているのが流れて来て断片的に知るのみである。
自分はオリジナル曲を作り、世界観も、モジュール関係とは違うと思っている。
イベントのアフターで行ったカラオケで有名曲を歌いまくるPさん達に圧倒された。本当にみんなボカロが好きなのだと思った。自分はそこまでボカロが好きではないのだと思った。楽曲が今ひとつなのもなんか分かってしまった。
ただ自分が所持するレン君の声は好きであるのは真実…ってコトで。

19:43:04
もじゅみねコンピ第3弾という事で明るい曲にチャレンジ中である。能天気くらいの明るさが欲しい。ストレンジダークの可愛らしいイメージを壊さないように。基本マイナー曲が多い。マイナーに飽きると調性がはっきりしない曲を作っているから、メジャー曲を作るのはかなりエネルギーを消費するのである。気持ちが上向かないのでそれはかなりの苦行である。
でも約束した事は守らねばならないし、人に迷惑をかけてはいけないという強迫観念で頑張る…ってコトで。

2020/02/06
16:53:54
M3秋が終わる前からM3春の募集をしていた。自分のサークルは大手ではないから早めに申し込みをしないと落選すると考えたので早々と申し込みをしていた。いつも早めで落選知らずだから。しかし事態は急変し、落ちてほしいと望んだが、通ってしまった。

2020/02/04
21:08:42
認知症は神様が人間に与えてくれた贈り物だという話を聞いたことがある。命が尽きようとする瞬間までアレやコレや心配していたら安らかに逝けない。
忘れることは大事
それが簡単にできたらきっと世の中の憂いは減ると思う。
自分も忘れて、腹を立てず穏に生きていきたい。嫌なこと全部忘れられたら幸せである。
忘れられた事に腹を立てても仕方がない。それでも誠意で約束を守り続ける自分はどうしようもなく愚かだと思う。なぜそうするのかと言えば、自分の作品が可愛いからである。腹を立てて文句を言ったら、
「直します。表に出しません。」
それて済まされてしまった。
自分には2曲完成出来なかった曲があった。
一曲はコンペの歌詞が気に入らなくてボツにしている。もう一曲は作詞を断られたけれどどうしても具現化したくて放置していたら歌詞をつけてくださる方がいて動画になり、完成できた
自分で作った作品に対する気持ちの温度差が大きいと感じた。同じという事はありえないが、折り合いをつけられる接点が違うと感じた。
それでもよく続いているのは利害が一致したからだと思う。利害の点で頑張ってきた。
約束を忘れる人が自分の潔白を証明してくれるのだろうか?
副業禁止の自分に嫌疑がかかったとき名前も知らない人が。
都合悪ければ、ばっくれられるこのネットの世界で生きる人が。
一番作りたいと願ったアルバムの話は、料亭でしている。何度も参加しているイベント会場ではない。
都合悪い事はみんな忘れるだけだから簡単である。自分もそうする権利があるのに、年末のメッセージである。都合よく自分を利用しているだけなんだなと感じた。
外国人とのやりとりの件は覚えていたのに。
M3春とかもじゅみねコンピの件を心配するメッセージは自分が参加したい旨だと思って作業再開したら、頑張って下さい、陰ながらみたいな返事で後から理由を書いて来た。真意がどこにあるか測りかねるが、相手の気持ちなど全く考えてはいない。
全てはご都合主義。自分もそうしたいのに誠意が邪魔をしてできない。
忘れたいのに自分の心はあのM3秋の翌日から止まったままである。

2020/02/03
15:50:16
和風アルバムを仕上げなければならない。
南総里見八犬伝に出てくる架空の刀。
架空の世界に生きている話。
何事も途中で投げ出すのは卑怯だし、他人を攻撃してるのだから絶対にやり抜かねばならないと最後の力を振り絞って音源に向かった。しかしべったりと心に張り付いた怒りや悲しみが自分の心を苛んでくる。
それでも何とか音源を作った。南総里見八犬伝をモチーフにしたものでライトセーバーや刀剣ではない事を念押ししたけれど…言葉にしたためにかえって入れているのではないかと疑心暗鬼になってしまう。
ただ、ただ、音作りが楽しかっただけの頃に戻りたい。
忘れてしまうコトやモノのために自分だけが苦しみ続けるのだとしたら…あまりにも理不尽だと思う。
苦しんでいた時間を命を返してほしい。



2020/02/03
15:44:04
我慢できずにぶちまけた。
言えばいうほど自分が嫌な人間になっていった。
趣味なのだ楽しくできれば良い。正論である。
でも自分の心はまだそこにあって歩き出せない。
話し合って
「ではその作品へのコメントはしません」
であった。心血を注いだ作品を捨てたのだ。
ショックで悲しかった。もうやめたいのだ。
しかし約束を守れない自分が悔しいから言った
事には責任をもちたい。それだけである。

プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア