趣味のこととか
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2017/08/30
08:08:49
非日常をたっぷりと満喫する方法は、人それぞれだが、自分は海外旅行だと思っている。日本人が誰もいないところへ行くのが良い。何を話しているか分からないと楽だなと思う。とはいうものの主だった世界遺産には必ず日本人がいる。自分がそこを見たいから行くのだ。サグラダファミリアは、聖書がそのまま建物になっている、神がかった建築デザインに時代は理解を示したが、技術が追いつかなかったということに尽きる。未完成にして人を惹きつけてやまない………毎日コレを見ながら暮らす人たちは毎日聖書を読んでいる事になる。宗教を超えた何かがあるのだと思った。現実社会で暮らす人は何かしら社会的役割を担っている。実際にそれを解き放つ事は出来ないが、束の間、全てを忘れる。忘れる代わりに気づきも得られる。「当たり前」が「当たり前ではない」のだ。コンビニが無い事、冷たく冷えた水が無い事、柔らかいティッシュが無い事……手付かずの自然がメインの場所では当然不便な面があるという事だ。日本という国の細やかな気配りのできる文化を改めて感じるがそれが万国共通では無い。残念ながら日常に埋もれると、それを忘れてしまう。充電という言葉がぴったりだと思う。
スポンサーサイト
23:18:06
暑くて食欲が落ちる時にはガスパチョに限る。店によって色や味が違っていた。どれも美味しく堪能した。
(@ ̄ρ ̄@)


2017/08/27
16:43:22
8/27の朝は、早く起きてサグラダファミリアの周りを一周した。日中あんなに人で溢れているのに。静まり返っていた。清掃車、ごみ収集車ではなく、ゴミをかき集めて吸い取っている。足元を見るとタバコの吸い殻が至る所に落ちている。木造建築の日本とは違い燃えることはないと踏んでいるのかはたまたマリファナや大麻を吸うよりマシだからタバコには甘いのかいずれにしてもまずいと感じた。空港ターミナルに着いたら隣のターミナルだと言われて慌ててシャトルバスに乗った。フランスのシャルルドゴール空港は至近距離をモノレールが走っていてターミナル移動は苦にならなかったバスに10分は乗っていた。無事に着けるのか不安になったが、それも過ぎてしまえは冒険のワクワク。空港に付くと荷物がなかなか出て来ない。ベルトコンベアが止まってしまて………こりゃロストバゲッジかと心配になった。しばらくしてまたベルトコンベアが動きだして、自分の荷物が出てきた。ブエリング航空は荷物が有料だから無くなったら困る。しかも手荷物保険に入ったから、またお金がかかる。LCCだから………初めから料金に入れて欲しい。カットして、安さをアピールするのは良くない。空港を出ると、マオ行きのバスに乗った。バスターミナルの側のホテルを選んだ。20分ほどで着いた。さぁ、ホテルの場所がわからない。しばらく地図と格闘した後ターミナルの人に聞いた。目と耳と口をフルに使えば困っても何とかなる……ってコトで。
2017/08/26
15:03:46
自分で考えて行動する。人任せにしないこと。「体験」とはそういうものである。
前回行けなかったフレシネの工場見学に行って来た。ネットで予約しようとしたら売り切れだった。しかもツアー参加料が日本円で9000円だった。人様の体験記を読むと「予約無しでも大丈夫」との記載があったので、「ダメならぶどう畑の写真とお土産を買えば良いか」くらいの気持ちで行ってみた。地下鉄でカタルーニャ広場まで出て、近郊線R4に乗ること50分で到着。駅からすぐ。

強面のお兄さんに「見学したい」と言うと入れてくれた。予約無しで行けるのかと不安になったが、参加できた。しかも待ち時間に貸し切りで日本語のビデオを1人で個室鑑賞させて頂けた。その後英語のガイドツアーだった。

原酒を作って銘柄ごとにブレンド。砂糖を加えて瓶内で2時発酵させると泡が出る。
甘いワインは砂糖が多く含まれていることが分かった。

工場見学が終わると試飲会場で試飲。一杯飲んだ後は有料と聞いていたけれど無料だった。オーソドックスなモノと新作をあじわった。ネットでは一杯は無料、あとは有料との記載があったけど、二杯目も無料だった。


入場料か8€だったのに12€だった。しかし電車の運賃約10€と合わせると22€ 。
1€が大体130円として約3000円弱である。日本語サイトはバス代と添乗員が付くからだろうけれど………3倍以上。自分は人任せにしない方を選んだ………ってコトで。

Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
17:51:34

空港バスと地下鉄を乗り継ぎ宿に着く。
スーツケースを持っての観光は嫌だから宿にチェックイン。長旅で風呂に入っていないから、シャワーを浴びてから。
前回のように工事の音はしなかった。鐘の音、パイプオルガンの音を聴いた。
ガウデイはこの地下に眠っているそうだ。
………入場料は材料費の寄付も含んでるとかで、前回同様29€………_| ̄|○
彫刻に斬新な建築デザインに………観ていて飽きることがなかった。一昨年生誕のファザードのエレベーターから登ったので、今回は受難のファザードのエレベーターか登った。バルセロナの街が一望できて素晴らしかった。
そして
コレを押して現場の人に迷惑をかけた………ので押さなかった。ガイドが流れるっぽいけれど。_| ̄|○
お約束のカレンダーを買った。売り場に日本人がいた。
「日本の方ですか?」と聞かれたが自分も相手にそう思っだ。1人でほっつき歩くってのはまだまだ少数派なのやもしれない………ってコトで。

Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
2017/08/25
02:29:33
海外旅行は全て自分で組み立てる。今回の旅行では、かなり安く航空券を手に入れられたので大満足である。ネット検索で好みの航空会社の航空券を探す。サイトによってエコノミークラスでも値段はまちまちである。「見る前に飛べ」ができるかだったと思う。成田でEチケットが受け付けられた時とても嬉しかった。
いつもはDenaが御用達だったけれど今回はCtripを使ってみた。
航空券を安くあげるには、変更不可のモノを選択する。自分はひと月前までに旅行届を提出する縛りがあるのでギリギリまで粘ることはできない。旅行会社がパックツアーで用意する航空券は、ツアーが売れ残るとばら売りされる………それがネットに流れて来るのだ。ソレを買うのだ。ギリギリだとない場合もあるけど、安いのを見つけたら迷わず買う。それがエコノミーに旅をするコツ………ってコトで。

Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
2017/08/24
10:18:42
ついに出かける日となった。いつかはその日は来るのだ。以前は少しずつ荷物を準備していたのに、前日の夜という具合である。良くも悪くも「慣れ」である。今回は出張から直接行く事になって慌ただしかった。予算要求とか固い内容から旅行という楽しいものという180度異なる世界に切り替わるので余計にそう感じる。出張は目隠しでご飯を食べるという内容だったので、あまり食べずに残し………空港でも機内食が出るからと食べなかったため、飛行機に乗る頃にはかなり空腹だった。
夕食はタラのグリル。パサパサだと思ったらふっくら。パンももっちりしていてベーカリーで買ったようだった。魚を選択したら洋食。和食は蕎麦と牛肉の煮物

朝はおかゆとオムレツオムレツは昨日の朝食べたからおかゆを選択。

外したか?と思ったら最高だった。機内食は気圧の影響で味覚が鈍るため、濃い味設定になっている。にもかかわらず出汁が前面にでいて、澄まし汁がおかゆになったような味だった。朝も選べるってのが驚きだった。
今までで一番美味しかった。因みに昨年のランキング2位。
エミレーツが1位だったけれど、器が三角って事しか覚えてないし、乗ったのは6年前。

ただ、この機内食を、作って積み込んだのは日本なので帰りに期待する………ってコトで。

2017/08/17
11:27:57
去年から岩盤浴にハマって通っている。
横になるだけ。じんわりと汗が出てくる。
高い所の窓見上げ寝そべっていると、そこから雲が流れる切り取られた青空が見える。(今回は曇りだから見えない〕
囚われの身ってイメージをもってしまう


この汗………デトックス効果を期待したい………ってコトで。
13:10:47
和風曲に欠かせない音源第1位と言えば箏であることに反対する人はいないと思う。
シルクロードを経てハープが箏になった。
雅楽の箏は中国や韓国のカヤグムの音色に近い。箏は、日本でさらなる進化を遂げたと思う。ハープと箏の音色の違い。ハープは柔らかな音色だけれど箏は、木の胴体で音を増幅させたり。爪で弾いたりすることによって華やかな響きになっている。カヤグムの低い音とは全く違う。大学の時、夏休みの講義で箏を習いに行った。桜の胴に象牙の箏柱、螺鈿細工だったような………チントンシャンカラカラリン………とかお師匠さんが指導。「あなたチンが駄目だからもう一回おやりなさい。巾の糸からよ」
チンやキンとか………上品なお師匠さんの口から出る用語が可笑しかった。笑いをこらえるのが辛かった。今回の曲の前奏は華やかで雅な音を追求した………ってことで。箏だけに。
10:35:14
ピアプロの仕様が大きく変わっていた。住民もますます若返って、ジェネレーションギャップを感じずにはいられない。

上げたけど、下げようかと考えてしまう。

それはさておき、今回の曲は………またMIXが難航している。歌詞が決まり流し込んだ後にさらなるMIXが必要である。歌詞募集音源はらららに特化したエフェクトをかけるため、歌詞がのるとなんともお粗末に聴こえてしまう。雅楽に使われる楽器を用いている。サンプリング音源を所持しているので使える。マニアックな音源である。音楽的な嗜好によるが、同じだけの金額を出すなら、殆どの楽師は、他のサンプリング音源を選ぶと思う。和風しか書かないなら出番は多いけれど、それでも常用できるものでは無い。呟きで絡みのある楽師さんがピアノのMIXは難しいと言っていたけれど自分は弦楽器と笙が難しいと感じる。ピアノも音域が広いから何処に焦点をあてるのかが課題である。立ち上がりの遅いエアリーな音の方がうまく混ざらない上に、コンプレッサーをかけるとエアリーな部分の音に雑味が出てしまうので難しいと感じている。

絵師さんを探しやすい仕様になっていたけれど、どうだろうか………依頼をうけるということは条件付いてない限り嫌なものでもうけるという理解になる………やっぱり嫌ですな。絵師募集と書いたけれど………それも特に条件をつけていないからどうなるか分からない………ってコトで、
2017/08/04
13:22:57
月末に旅行を入れた為に今月は想像した以上にタイトなスケジュールになっている。
生来のんびり屋なので、詰まったスケジュールは苦手である。仕事に追われるばかりの現状がなかなか改善されず困っている。
昨日は隣の県に出張した。4時過ぎにマニアックな場所を見学してきた。

レーシングカーを間近に見るのは大迫力。傷とかあって………展示されてるってコトは。途中でクラッシュせずにレースを無事終えたんだな………という達成感が伝わってくる。今日も出張………。昼休みにブログが書けるのはちょっと良いかもしれない。
2017/08/03
22:42:12
創作は脳内に浮かんだアイデアを具現化させて出来上がる。具現化がうまくいかなくては思うような作品ができないのだと確信している。出来上がった作品からコレヂャナイ感を感じたらまさにその事態なのだと思う。それを言えば、言い訳すんなと、言われてしまうだろう。アウトプットがうまくいかないのは本当に辛い。多分コレは自分の永遠のテーマだと思う。
一年投稿していなかったけれど少しは進化したのだろうか………。自分の悩みをよそに知り合いの方々はどんどん創作に励んでいて………もちろん勝ち負けとかではなく、取り残された感が否めない。テーマは伏せる。公開しても意味が無いからだ。聴こえた様に感じた様に理解してもらう。他人のイメージを押し付けたところで感じ方は人それぞれ。
自分のいた再現芸術の世界では、この曲を作った時のモーツァルトは、離れて暮らす母親が亡くなっている………といった解説を元に、強弱やフレージングを考える様に指示される。悲しみを表す速さ、悲しみを表す強さ、タッチ等………死んでしまった作曲家の思いに寄り添う表現を考える中で再現芸術における創造的な表現の工夫が存在する………ピアノコンクールでの課題曲は同じでも同じ表現は無い。勝ちに拘れば、審査員好みの表現を追求していくことになる。それが良いか悪いかは意見が分かれるところである。自分は、再現芸術が好きでは無い。きちきちキツキツの表現の枠に縛られて身動き出来ないのが嫌で創作の世界に棲んでいる。自由な表現が楽しいのに、思い通りアウトプット出来ないってのは死んだも同然である。有名な作曲家が亡くなったあとは彼の頭からは音楽を引き出せない………そういうハナシだ。
自分にはまだまだ休息が必要………ってコトで。
2017/08/02
22:13:42
1年以上新曲を発表していなかった。自分が曲を作ろうが作るまいが全く影響は無いのだ。そんな曲が人の心を打つ訳もなく………歌詞の募集も歌詞の作成依頼もせず、ひたすら動画を作るか、音源を車で聴いて過ごしていた。聴きながら旋律を練って修正したものを書き出す事もしていなかった。
その日はいろいろあって、他人が望めば簡単に出来ることが自分にはできないのだと改めて気づいてしまった。足が速いとか泳げるとか個人の得手不得手といった類の話では無い。自分には絶対に外せないリミッターが掛かっているということを痛感した。………孤独を感じてしまった。1人でいるのは嫌いではない、ソリチュードはウエルカムである。自分が感じたのはロンリネスの方である。音を作っているときの自分には無制限な自由が与えられているのだと思った。例えるなら生きている。制限なく呼吸出来ることに似ている。
しかし出来上がった曲自体には制限かかりまくりである。

和風の音に英語の歌詞をあてるだろううか………流行りものをストレートに入れ込んでいるか………策士策に溺れるが如く、言葉にこだわりすぎて辻褄が合わないもの………瞬殺である。

ドラムにマニアックなエフェクトをかけて弾むようなイメージにしている。オケをしっかり聴いて頂きたい………ってコトで。


プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。ピアプロで歌詞募集をさせて頂いたり,ニコニコ動画に動画などを投稿しています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア