趣味のこととか
2016/09«│ 2016/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2016/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:55:59
肉体労働も伴うイベントが毎日のように続いて、心身ともにバテている。このまま年末まで続くのかと思っただけで、気持ちが沈んでいく。今日は久しぶりの1日休みで天気も今ひとつなのでぶらりと出かけた。出かけると言っても近場。観葉植物店が手がけるカフェに行った。ランチとティータイムの間の時間は比較的空いている………
食べるお茶と言うべきか………アルコールの入らないグリューヴァイン的な味だった。静かに時間が流れている。音楽はなく、店の室温は人間向きでなく観葉植物向きなのであまり暖かくはない。熱帯植物の店ならもっと暖かいのだろうが………。
静かな店で小一時間ほど過ごすのは,とても癒される。沈黙は金なり。静かに楽音の無い世界にいると,心が落ち着きを取り戻す。萎れた花が水をもらって元気を取り戻すようなイメージである。その後は前から見たかったトムハンクスのインフェルノを観てきた。………ダンテの神曲とはまた。
イタリアやトルコでの撮影が素晴らしかった。ダビンチコードも天使と悪魔も見ているのでコレも見なくては………と言う感じだった。結構予備知識が無いと楽しめない。子供はいなかったが、男子高校生が2人で、見にきていて感心した。人類が増えすぎた事について………がテーマだった。
地球規模ではそうだろうが我が国日本としては人口は減少傾向である。休日はいつもこの様にゆっくり過ごせれば良いな………ということで。
スポンサーサイト
18:16:48

再投稿をした。
チップチューンと弦を混ぜるのに相当苦労した動画作成にも苦労した。
久々に難産な作品となった。数日前にも書いたとおりである。
動画作成にかける時間を音源にかけられたら良いと思う。しかし時間があったら
新曲音原を作りたくなるので何とも言えない・・・ってコトで。
17:52:55
仕事柄ワイシャツを着る。毎日着るから休日の洗濯アイロンが苦痛である。白だけではなくピンクや水色、ピンストライプにクレリックシャツなどを所持している。形状記憶シャツも数枚あるけれど、着心地が悪いと感じるので最近は買ってない。若い頃はブランドモノなどを着ていたが、今は消耗品と捉えているので普通のものを買っている。一番後悔しているのはイタリア製でハイブランドのシャツが48000円だったことだ。色味と襟袖が洒落ていたので買ったけれどあまり着なかった。勿体無いことをしてしまったとつくづく思っている。人は見た目が9割と言われているので、キチンとした服装を心がけたい………って事で

00:17:43

「自分のして欲しくないことは他の人にもしてはいけない」
昔から言われていることである。

言葉遣いが悪い人とずっと呟きで絡んでいた。
終始攻撃的で,悪い人では無いのだろうがずっと我慢していた。
それはいろいろお世話になっていると思ったからだ。
いろいろな情報をくれるし,ためになったので感謝していた。
自分の曲の呟きについてとても馬鹿にした物言いをした。
・・・にもかかわらず自分の作った曲を聴かせては,感想を聞きたがる。
自分はそのたび、誠実に答えていた。
しかし彼はこのように言ったのだ。
「再生率は関係ない」と。
創作談義とは似たレベルの者同士でやってきた自分的にはその発言は
許せなかったので,

「そういうことは再生率の高い者同士でやんな」

と言った。
すると・・・
「動画をたくさん上げているがいっこうに芽が出なくて気の毒だ」
という言葉とともに彼からつながりを切ってきた。

彼と絡んでいる間に自分が投稿した曲には必ず技術系の未熟さを突くコメが付いた。
つながりを切った日にニコニコのお気に入り登録ユーザーも消えたので。
自分はずっと辛口コメをつけていたのはやつであると確信するに至った。
呟き垢をブロックしていなかったから自分の方からもブロックすることにした。

他人を否定するのが嫌で誰の動画にもコメをつけたことは無い
他人を否定すれば自分も認めてもらえないと感じたからだ。

自分のコトを分かってくれる人にだけ聴いてもらえれば良いのた゜。

それにしても「気の毒」ってどういう意味だろう。
自分は循環コードの単調展開しかできない彼の方が気の毒だと思っている。

もし自分が気の毒だとすれば,動画ができずに待たせている方達だと思う。
ただ自分は必ず動画にするとは,ピアプロのプロフに明記していない。
以前は書いていたけれど病気になってからは,健康不安があるため元には戻さない。
歌詞募集に応募して下さる方々は本当にありがたいけれど,自分の曲に応募するのは
曲が好きなのではなくて,動画の投稿数が多いからだと思う。
本当に曲を聴いて下さる方が何人いるのだろうと思うと,悲しい気持ちになる。
動画を制作しても再生数もあまり伸びないので心底申し訳なく思っている。
けれどそれが自分の精一杯なので謝らない。
期待に応えられない自分が情けない気持ちでいっぱいだし,

この孤独感は,一人旅のそれとは違ってとても居心地が悪い。
申し訳ない気持ちがあるうちは創作は楽しめないのだ。

20:42:53
我々人類は,地球にとってあまり歓迎される生き物ではない。
地球上で絶滅すべきは,人類である。
もちろん自分は新興宗教の信者でも過激思想を流布するプロパガンダでもない。

自分が思う人類の過ち
① 殺人・戦争  
  他の生き物は本当に飢えたときにする。
  自分の利益のために。
  動物もけんかするが相手が降参したらそれで終わりだ。
 
② 堕胎
  コレはなかなかデリケートな問題なので多くは書かない。
  人間社会は複雑だから。
  ただし動物はしない。

③ 発明の後始末
  プラスチックは決して腐ることがない。地球のあちこちにバラまかれている。
  今話題のマイクロビーズ。歯磨き粉などに使われている小さな研磨剤。
  排水溝から海へ・・・そして生物濃縮で我々に返る。
  ロケット・人工衛星の切り離した部分。大気圏で燃え尽きるとか嘘である。
  人工衛星はとてつもない早さで地球の周りを回っている。
  この調子で各国がロケットを打ち上げ続けると,ゴミがたくさんあるので,地球から出ることも戻ることもできなくなりそうである。
  原子力発電所の事故の後始末ができていない。未来へ後始末を託すようなものは使うべきではない。
  コレもそこで働く人のコトを考えているし,海外に原子力を使うノウハウを教えている手前止められない。

④ 遺伝子組み換え
  食の安全性の問題。食べ物のパッケージに「遺伝子組み換えで無い」と書いてあるが,産地偽装とかあったので使われているかもしれない。農産物の品種改良とは違って自然にないものができるということである。
 
⑤ 愛玩動物のこと
  人間の都合により交配を重ねて生まれるペットたち・・・関節が弱いものなど美しさと引き替えにリスクを負わせている。
  白い毛皮に青い瞳またはオッドアイの猫は耳が聞こえないことは有名。飼い主の呼び声を空気の振動で感じている。
  白メダカや不自然な色の魚。少なくとも彼らはそうしてくれとは頼んでいない。自分は音楽をやるので耳が聞こえないことは
  死ぬより辛い。

便利な生活はそうそう簡単に手放せないけれど,これらの問題点を一人一人が意識して少しでも地球に優しく滅びずに生きていきたいってコトで。世界で核戦争が起きれば嫌でも滅びることになる。

2016/10/09
00:33:40
前回「折り合い」をつけて作品を完成させることに補足する。

創作はガチなのだ。
ガチとガチでどうするかしのぎを削るようなやりとりの末,「折り合い」が付くのだろうと感じる。
それをするのは,よほど親しい間柄か,その創作スタンスを理解できる人間だけである。
ネットでのやりとりというつながりではとてもやれるはずが無いのだ。
少なくとも自分の文章力では無理である。

譲れない部分にどう折り合いをつけるのか・・・とても難しい話だ。

自分は,修正させないようにしているので,その時点で没となる。
修正を言われた時点で相手のガチな気持ちとぶつかることになるからだ。
「あなたの歌詞のここを修正すれば採用です」って言い方は卑怯な気がする。
創作物への思い入れが強ければ修正は受け入れられない。
それは謙虚とはまた別物になる。
創作の歪みが生じるのだ。良くないと分かっていてもそうしてきた。
そういった作品が人の心を打つかどうか・・・判断が難しい。
それは,自分自身にボカロ曲を聴く人たちが共感できる作品を作っていないからだと思う。
・・・ただ自分が楽しめないものは作りたくない。

文芸部の頃は文字修正とかは「文芸」という同じ土俵にいるので容易だったように思う。
「青のカタルシス」という作品を書いていたとき,青の文字が論点となった。
悲しい話なのだから「蒼」だとか海が背景になっているから「碧」にしろとか
合評会がとても楽しかった。

呟きのフォロワーさんが自分の落選歌詞を「産廃」と言っていた。
それは,歌詞のでき云々ではなく,心血注いで書いた歌詞が落選したという悲しみが滲んでいると感じた。

楽師としては,自分が曲のイメージに合っていると思うものを選ぶことになる。
「イメージ」はくせもので千差万別である。
こちらが猫とイメージしても相手が犬だと思えばそれまでなのである。
納得できない歌詞の応募避けるには,自分の表現力を相当上げなければならない
全ては自分のせいである・・・ってことで。
23:34:53
去年はとても精力的にイベントに出ていた。名古屋まで遠征したり鏡音オンリーに出たり。……今年はイマイチである。
忙しくてなかなか作業時間がないからだ。
コンスタントに作品を作っていけることが理想だがなかなかうまくいかない。

去年の夏のボーマスは有名Pに挟まれる形だった。右隣の方は2人で曲と歌詞を分担して作っている人たちだった。大学生くらいでとても仲良しであることが見ていて分かった。作詞の人がノートを見せて、次はこんな感じのが作りたいと話していた。歳が近いし価値観も似てるのだろう。イベントの間中お客さんがいない時はそんな話をしていた。曲が出来上がればまた2人で吟味し合い、より良いものを作り上げていくのだ。自分はどうかと考えれば、趣味の同じ友達はいないし、この年でDTMやってる人にはなかなかお目にかかれない。また、餅は餅屋に任せているので、協業することはほとんど無い。出来上がった作品の確認をするだけである。創作方法は人それぞれだけど、羨ましいと思った。だけどあなたは私ぢゃ無いし私もあなたぢゃ無い訳だから、折り合いをつけることはとても大事である。どちらかが折れるのではなく、折り合いをつけられたらきっと良い作品がうまれると思う。……ってことで。
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。ピアプロで歌詞募集をさせて頂いたり,ニコニコ動画に動画などを投稿しています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア