趣味のこととか
2013/06«│ 2013/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/08
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2013/07/30
19:31:50
自分が一番知りたいことですぞ。
一体どんな会計報告なのか・・・ということですな。
CDを作って協力して下さった方々にお礼・・・ということになる訳だ。

調べてもはっきりと書かれてはいない。暗黙の了解で自分が知らないだけのことなのかも知れない。
唯一あったのが,かなりの売れっ子漫画家とおぼしき方のブログ。

「今回のコミケは,売り子さんに日当と交通費と宿泊費を出したら,儲けなんてありません。売り子さんは二人なのです。」

ということが書かれていましたな。

この方・・・もし売り子さんを雇わなかったら・・・。

よほど売り上げているとしか思えない金額に感じてしまうのだ。仮に日当が1000円であったとしても宿泊費や交通費というのはそれだけ遠くから来ている訳だから・・・それ相応の額になるのだろう・・・


自分はCDを作ったものの需要があるとも思われず。とりあえず協力して下さった方には有無を言わさず現物なのだ。

だから,関わる方は最小限ぞ。作ったCDの量もさして多くはないので・・・
色々な方の曲を入れたCDが売られているが,一体会計や謝金はどうなっているのだろう・・・

自分は制作費がかかっていますので,前述の漫画家さんのように日当や宿泊費など出せませぬ。

とはいえ現物支給のみでも味気ないので・・・呟きから好きなアイテムを拾いましたが・・・どうでしょうなぁぁ~

常温で残らないモノつまりは消耗品。
生ものや割れ物はもっての他ぞ。

同人の常識を自分は知らない・・・

スポンサーサイト
2013/07/27
11:46:24
 以前twitterのTLに

 「創作者は自分の世界を作って自己満足している◎☆■ー野郎だ」

 と流れてきたことがあって,自分はそれにものすごく腹を立てた。
 
 「作曲のどこがセルフ快楽なのか・・・」

 呟いた方が有名なボカロPだったから,創作者と言って指すのは作曲者かと思った。

 自己満足という点では賛同するが,セルフ快楽という概念には賛同できない。

 何故かというと・・・「充実感」が伴うか否かということである。
 作曲していて技術はまだまだやも知れないけれど,作り上げたという満足感があり,次に進もうという意欲が高まるのだ。
 それに対してセルフ快楽の方は・・・一瞬の快楽であり罪悪感さえ感じることがある。

 確かに感情のままに旋律を創り出している瞬間はそれに近い・・・しかし満足度が違うのだ。
 
 楽しい・切ない・挑戦的な・悲しい・元気になりたい・ネタ・・・数えたらキリがない。

 そして次の曲また次の曲と感情のままに作り上げていくのだ。

 セルフ快楽はおかずが変わるに過ぎず,本質的には「エロい感情」だけである。

 その方はおそらくいつも同じ感情で創り,満足していないから虚しくなるのやも知れませんな。
 締め切りやノルマで縛られるなど・・・追い詰められて作る場合はそういうことになりますな。
 自分が作りたくない方向で作らざるを得ないとか。
 創作自体は好きでも心から楽しんで作っていない。

・・・そういうことなんだと思う。

 自己満足・・・大いに結構なことだと思う。人に迷惑をかけていないなら。 
 
 
2013/07/27
00:53:04
歌詞募集曲をあげた。


【鏡音レン】  BARREN (仮) 【歌詞募集】 powered by ピアプロ

BARREN・・・「不毛」とか「作品の内容が乏しい」といった意味で自分にはぴったりかと思う。

タイトルを同じにする方がいるけれど・・・あくまで音を作った時のイメージですからのぉぉ。。。

BPM125で ABS-ABS-Sですな。

ピアノは入れなかったがパイプオルガンと弦楽器を使いましたぞ。

クリーンギターの響きやドラムのフィルが気に入ってますな。

決してエロではないがアダルトな仕上がりになったら良いと思う。

2013/07/23
00:05:53
 「調」と言えば,「明るい」「暗い」という曲の雰囲気を区別する。
 
  明るければ「長調」(メジャーまたはdur)で,暗ければ「短調」(マイナーまたはmoll)
 
 
 「調」は高さも調節できますぞ。
 カラオケなどでキーが高すぎるまたは低すぎるので自分の声にあった高さにコントロールする。
 
 これを「変調」と言うのだ。曲の途中で調を変えることが「転調」ということになりますな。 
 
   
 作曲者の得意な楽器によって調が決まる。
 あーでも,仕上げに高さ調節する方もいるかと思うので,作っている最中の調に限らせてもらう。

 自分は中級のピアノ弾きなので臨時記号のたっぷりついた調は,面倒。
 シャープやフラットが1つずつの調で作ってる。
 ヘ長調またはニ短調。或いはハ長調またはイ短調。
(もし作り手がギターの初心者ならEmのコードをたくさん使うと思う。何しろ弦抑えるの簡単ですからな。)
 
 音源はサンプリング音源の切り貼り、そして簡単な調にて作っているのだ。どんだけ楽するのか・・・
 しかしそんな自分にも例外があった。
 管楽器を使った場合・・・それをメインにすると・・・調を変えざるを得なくなるのだ。

 絶対音の世界では「ドレミファソラシド」は決まった高さで,「ピアノ」とか「C管」(フルートとか・・・)ならそのままで行けるのだが,B管やEs管のドレミファソラシドはC管のようにはいかない。
 B管の楽器でドレミファソラシドを吹いたらシ♭ドレミ♭ファソラシ♭になるのだ。
 
 サックス音源を使った曲は,何とasmollという・・・フラットが6個もついた調で作ってしまった。

 楽器によって「ド」の高さが違うのだ。有り得ない話だが・・・
 ピアノとクラリネットは同じ調で演奏できないのだ。
 高校の音楽のテストで,合奏課題が出た時,自分はピアノを弾き友達のクラリネット吹きと組むことになった。
 
 とりあえず高級な曲をやろうということで「メンデルスゾーンの晩秋」を選んだ。
 
 自分はニ短調で弾いたが,友達はホ短調で吹いた。聞いてる人の耳にはニ短調に聴こえるのだ。

 つまりオーケストラのフルスコアは楽器によって調が違うということになるのだ。
 だから何かの曲をオーケストラ用に編曲するのはとても大変ですぞ。

 この点からみてもDTMって凄いと思いますな。面倒な操作無し,直接打ち込んでちゃんと高さがあった曲ができるのだからな。
 


  
22:54:35
ボサノバ風味ぞ。
お蔵入りして・・・かれこれ2年。しかし一番具現化する可能性が高い曲でもある。

何せオケはできているんだからな。
問題はメロディーだ。、自分が棲息してる音楽のカテゴリにはないコード進行だから,ノーマルに歌って合わせると音がぶつかって汚い不協和音になるか,面白みもないという好みで無いメロディーが出来上がるのだ。


[VOON] ボサノバリン

ピアノの音は気に入ってるんだ。
海・夏・風・白いワンピースのリンちゃん。そんなイメージですな。

ボサノバは 「B」から始まるからおあつらえ向きなのだが。

何故お蔵入り曲があるのか・・・といえば,なかなかアイディアが浮かばない曲に時間をかけていると次の曲が作れなくなるのだ。人によると思うけれど,今の自分はじっくり作るというのは向いてないし,時間もないのだ。

要は「閃き度」が足りぬ曲ということになるのだろう。
閃いたらガツガツ作業して完成しますからのぉ

いつでも閃き度全開いきたいものですな。
00:31:04
会社勤めの営業畑の方なら名刺は必需品である。
自分はほとんど使いませんなぁ。

意味もなく関わった方の名刺を大切に取っておく人がいるようだが,そのうちの何人と関わりがあるのかを調べてみると良い。間違いなく全てが生きていることは有り得ない。生かせない縁なら処分するのが望ましい。

日本語の

「何かありましたら~」

という言い回しは大嫌いである。

仕事人の常套句であり社交辞令であることに気付いているかそうでないかで仕事の能率に違いが出て来ますな。


今の職場に横柄な態度のヤツがいる。
そいつの口癖は

「俺は誰々を知っている」

「誰々と昔一緒の課で仕事やっていた」

という「誰々さんと知り合いシリーズ」自慢をするのだ。

別に偉い人と知り合いだからといってお前が偉い事とは別問題ということにすら気付いていないのだ。


コネとかを使って「出世をする」とか「仕事の能率」を上げようと考えている事が間違っているのだ。
繋がりは自分の足で稼ぐものと考える。

以前の職場の上司が

「うちの息子ボカロに手を出して,今度CDを出すとかで・・・親としては地道に働いて欲しい訳よ」

という発言をしていて聞けばその息子はかなりの有名Pであった。親が言っていた「CD」は同人が出す趣味のそれではなくメジャーアルバムのことをさしているし,地道に働くと言っていたけれど,相当売れている。

そのPが誰であるかは伏せておこう。
知り合いの息子に過ぎない有名P。
自分は「有名Pの親と働いていたのだ」と言うのはおかしいことだからな。。

しかし世間は狭いものだと感じましたな。

自分は親に

「作曲は楽しいですな。今のご時世CDが売れることは凄いことですぞ。ボカロは若者文化ですぞ。理解してあげましょう」

と言った。自分が息子を有名Pとして認識していることは言わなかった。こっちの趣味がばれることになるからな。


まずは,実力を高めることに専念すべきなのだ。
コネも名刺も役に立たない。

実力が信用されるようになる日のために。日々努力をするのだ。

仕事も趣味もな。
22:44:56
今日は自分の動画作りに関する考えをまとめてみたい。

基本的に自分は動画を作る時には,次のような工程で作業するのだ。

①曲を作る → ②歌詞を募集する → ③選考する → ④絵師さんに依頼する → 
⑤テスト動画作り → ⑥確認 → ⑦投稿

 1つ動画を作るたびにこういう作業を繰り返している。毎回大変だと感じている。

 理由は自分か底辺・・・というか,この言い方は止める。
 みんな使っているけれど
 自分は基礎知識ある,ピアノ弾く,楽曲分析できる,DAWソフト使える
 音楽歴長いし。

 故に底辺ではない。

①自分は「若者が好む曲が作れない」「作詞家さんが魅力を感じる曲を作れない」という方が正確ですかな。
 有名Pさんが歌詞募集曲をピアプロに投げたら・・・それこそ「我も我も」になるでしょうからのぉ

②どんな歌詞が来るか楽しみに待つ
 自分は歌詞募集曲には仮の題として「B」から始まる単語を当てている。
 自分が(みんなにうける曲が作れない)B級の作曲家であるという意味が含まれている

 ・・・しかし最近しっくりくる単語が無くなりつつあるのが悩みですな。

③じっくり選考
 自分は結果報告はお一人お一人にメッセージを送るようにしている。ピアプロの「メッセージのお返し」は絶対 に使わない。結果の発表と落選者への報告が手抜きであると感じるからである。

④絵師さんに依頼する
 人気の方はなかなか捕まりませんな。
 この間のエロ曲は依頼を断られ続けてかなり心が折れましたぞ。
 自分的に納得していないのは,「超エロいBLイラスト」を描くのに「ノーマルエロ」はお断りという
 おそらく♂×♂でないといけないのた。でもこの前のイラストは男女の絡みなど一切なかったのだがのぉぉ 

⑤テスト動画
 みんなが納得して投稿したいのでいつも作りますな。
 歌詞に誤字脱字がないか,イラストの動かし方、エフェクトのかけ方などチェックをして頂く
 
⑥修正と確認
 修正は何度でも,気が済むまで徹底的に

⑦投稿

よく動画を勝手に消すとかの話題を目にする。
自分が動画を作るのは削除とかになったら嫌だからですぞ,よほど信用している方でないとお任せできませぬ。

共同制作者であるという意識が低い方がいるのは否めませんな。事情はそれぞれなのでしょうがな。

歌詞を書いてはくれたけれど連絡取れなくなる方
テスト動画の感想や意見などを表の呟きにのせる方には正直がっかりしますな。

確認できなければ投稿できない。既に上がっているものはそのままになっていますが。
適当な返事しか返ってこないのは

「駄作に歌詞を書いてやったんだ」という気持ちなんだと理解する訳ですな
自分は,事の真偽はどうあれ,上から目線を感じるともうダメですな。 

簡単に考えている方達は,通りすぎの1曲にしか過ぎないのだ。
しかし作った自分は一生懸命なのですぞ
要するに
自分が関わった作品を誇れますかな

共同制作者という意識があれば,そうそう無責任な行動はとれないと思いますぞ。

音を発信する時には絶対に必要なことですな。独りで作っている訳ではない。

顔の見えない,知らない相手と作っている訳で。

だからこそ自分は誠実に対応したいと思っていますぞ。
逆に知らない人だから適当で良いじゃんという考えもあるわけでいな。
ただこれは幼くて身勝手な行動かと感じますな。

ネットのルールを学び直す必要がありますぞ。

 





2013/07/17
18:20:11
・・・人ごとみたいな言い方だが,躰は魂の入れ物である。
自分がこの世界に存在を具現化するための入れ物である。
魂だけになったら誰にも認識されませんからのぉ。

しかもこの器は永久保存版ではなく,劣化する上交換は不可能である。
これをどのように捉えるのかも人それぞれである。

自分の器は大切にしなくてはなりませぬ・・・つまりは健康が大事ということですな。

健康なら,お金かからないし,痛くもない。


健康こそ大切であるということを肝に銘じ長生きしたいものである。

2013/07/17
18:04:01
部屋

前もtwitterで上げたのだが,これが自分の作業環境である。

オーディオインターフェイスでつないだピアノとシンセで音を打ち込むのだ。市販のノートPCで作業をしているのだ。

自作PCとかマニアックなものは使っていない。

アナログな作業環境なのですぞ。

超会議に行った時作業部屋の写真が展示してあったけれど,有名Pさん達のようなスタジオでもPCルームでもない自分の作業環境は,違う意味でマニアックなのやも知れませんな
10:23:27
5月のゴールデンウィークに作って歌詞募集曲の歌詞が決まりましたぞwww
前述の曲と比べると,遅く聴こ得るやも知れませぬが,自分のカテゴリのBPMとしてはとても速い曲の部類にはいりますな。
何しろBPM150ですからのぉ。

歌詞は3作品がエントリーされていてどれも力作でしたな。
すいさんの作品に決定させて頂きましたぞ。
これも安全パイは使っておりませぬ。


【鏡音リンAppend】 Booby? powered by ピアプロ

しかし・・・仕事が忙しい時期に,ボーマスに出ようなどという暴挙に出たおかげで,未知の作業をすることになり,「動画」も「曲作り」も「歌詞の選考」もストップしてしまいましたからのぉ。

だいたいボーマスは自分の仕事が忙しい時期と重なるので,出るとなればそれ相応の事になる訳ですな。

元気になれる歌詞ですな・・・動画になるのが楽しみですぞ。




09:17:01
・・・なんて言うと,かっこいいですかなぁ?


久々に新曲を上げました。
「へいおまち,あがったよ」

サクサクの天ぷらが揚がったみたいなノリで。

高速曲ですぞ。

出られなかった七夕のボーマス(織り姫)にに想いをはせたら出来上がった訳ですぞ。
安全パイのピアノは使ってないんだからな。
星のキラキラとか流星をイメージした音を意識的に詰め込みましたが,歌詞を書かれる方達がどうイメージするかは自由なのですぞ。
歌詞云々の前にまず音を聴いてイメージを膨らませることが大切ですからのぉぉぉ


【鏡音レンAppend】  Blink (仮) 【歌詞募集】 powered by ピアプロ



そしてこれは「媚び曲」のつもりでもある。

ニコニコでうけるのは,「高速曲」ですからのぉ。自分は自分の世界観で好きなように作るとクラシック系かテンポのゆるいものが出来上がるのだ。
これはBPM200ですな。ニコニコ動画では別に珍しくはないのだが,自分史上最速ですな。
通常自分はBPM130~150で作るっているのだ。

自分の好きなことをしている訳だが,うけるジャンルのもの(実際にうけるかどうかは別問題)を作れるのか作れないのかのハナシである。

「作れない」と「作らない」は全く違うことですからのぉ。

「作れるけど作らない」と言えれば最高なのだが,そんな実力は無いので「実験的に作ってみた」ということになりますな。

 いくつになってもチャレンジ精神を忘れないようにしたいものですな。

 このノリで演歌と民族調にチャレンジしたいのだが,なかなかチャンスが来ないという・・・


00:00:33
 誰でも日々「選択しながら」生きている。
 何かを選びながら毎日が過ぎていくのである。
 何も選ばないと思っているやも知れないけれど,「選ばない」ってのも選択肢の1つかと思う。

 個人の意志に関係なく我々は選択して生きている訳で,選択無しにはいかないのだ。
 一卵性の双子で実験してみたいですな。。。違う答えを選択していったらどうなるのか。

 朝,目を覚ましてから選択は始まっている。
 
 「起きる」「起きない」

 朝ご飯を「食べる」「食べない」
 
 どの靴下をはくか・どのネクタイをするか・どんな組み合わせで着るか・‥

 仕事や学校に「行くか」「行かないか」

 欲しいものを「買うか」「買わないか」


 そうした選択の積み重ねを続けるうちに「人生の岐路」に立たされることになるのだ。

 願わくば誰でも正しい選択をしたいと考える事だろう。
 しかしこういった重大な選択をする時には,当事者は「選択」のまっただ中にいるのでじっくり考えているつもりでも客観視できないのだ。損得が絡めばなおさらのことである。

 正しい選択をして人生の扉を開けて行きたいものですな
 
  

00:17:13
 自分自身を芸術家とは思っていないが,音を作っているので少なからず芸術と関わっている世界にいると言うことはできるだろう。
 芸術は,音楽・文芸・美術・そこから派生する映像やら書道,或いは哲学なんかも入ってくるのだろうと考える。

 普通の人が感じないことを感じるのだ。「霊感」とかそういうことではなくて。
 ゴッホは自分の耳を切り落とすし,三島由紀夫は割腹自殺だし・‥
 
 そして一般人が言うセリフは
 
 「ほら,あの人芸術家だから・‥変わってるのよ」
 
 さらりと変人扱いされる。
 自分は「変わってる」って言葉は嫌いである。

 それは馬鹿にされているとも取れるし,とりあえず自分は常識の中で暮らしているというプライドがあるからだ。

 それにしても何をもって変わっていると定義するのだろうな?
 
 風体か?性格か?立ち居振る舞いか?

 いずれにしても,それを言う人は自分がまともだと思っている感が否めない。上から目線を感じてしまうのだ。
 
 変わり者だからこそ普通の人が思いつかないことができるのだ。
 変わっていると言ってくれるな,個性的と言ってくれたまえ。

 芸術家たるもの個性的でなくちゃはじまらぬ。

 
22:31:36
 自分がボカロで曲を作るようになったのは,2009年の3月頃ですな。
 「ボカロ」なんて言葉も知らなかったし,誰の曲が有名でとか・‥そんなことがきっかけではなかった。
 
 深夜アニメや動画やゲームを楽しむ日々・‥

「何か生産性が無いよなぁぁ」

と思ってた矢先,またゲームでも買うか・‥と出かけていった家電量販店のソフト売り場に「鏡音」がいた。
 そしてその隣にはおあつらえ向きにsswもあった。音楽を作ることはやってきてたので,ただ作曲ソフトが使えるかどうか分からないけれど,箱の裏に「自動コード選択機能」とかってのがあったのでいけそうだと思い購入する運びになった。

 第1作目は惨憺たるできで,レンは低音がよいと思って調声したらデスボイスのようなものが出来上がった。

 「エアーマンが倒せない」のカバー曲を聴いて,「レン君は調声が難しい」ということを改めて理解したのですぞ。しかし自分的には「二人分だからかなりコスパが良い」ととらえていた。

 そして4年余り。 
 自分がどういう人間かをあからさまにする訳にはいかないけれど,個人情報とかいろいろ面倒な問題が無いなら大公開したいですな。(まぁ無理)

さすれば

「ああいう人がやっても曲や動画ができるんだから自分はもっとできるはずだ」と誰かを勇気づけることができることは間違いない。

 しかし

「4年もやってこれだけしか進化しないのか」

・‥とも思われそうですがのぉ
 
でも。家電量販店でこの出会いがなかったら今の自分はいない。

「あの日あの時あの場所で君に会えなかったら」ですぞ。

 おそらく箱の中の二人が

「僕たちを買って」と言ったのだと思う。

それからしばらくしてact2が家に送られてきたのだ。

 
 
23:53:53
 ボカロは,便利なソフトである・‥が不自然である。
 高さとかブレスとか。
 通常の人間が成し得ない事を易々とやってのけるのである。
 人工的なものであることは言うまでもない。

 人間はおそらく自分に無いものを求めるのである。それがハイリスクであったとしても。
 
 ヨーロッパ貴族のご婦人方がとんでもなく細いウエストを手に入れるために(アイドルのウエスト58㎝だって細いのにこの時代では太いといわれてしまいますからのぉ)締め上げコルセットだけでは飽きたらず,肋骨を抜く・‥とか。肋骨を抜かずとも既に骨は変形している。もし貴婦人達の墓を暴けば,異常な骨格を目にすることになるはずである。
 
 音楽においては「声楽」のカテゴリにそれが存在する。
 
 ウィーン少年合唱団の少年はまさしく「天使の歌声」で全世界のファンを魅了し続けているが,声変わりと共に退団ということになるのだ。少年の声はとても透き通っていて美しい。
 ソプラノ歌手のそれとは似て非なる代物と言って良いだろう。
 声を聴き比べればどなたにも理解は可能かと思いますな。

 「カストラート」という現代では実在しない人たちの声を生で聴いてみたいと思う。
 男声のソプラノ歌手とでも言えばよいかのぉ。彼らは去勢しているので変声はしないが,肺活量や骨格は男声のままなので・‥かなり美しい声が出たのだろうと思う。
 現代ではそういうことはできませんからのぉ・‥

 オネェ系の方々の性転換とはまったく違う。声変わりする前に去勢するのだ。
 
 「もののけ姫」の歌で有名な米良さんは,裏声で高い声を出すけれど,カストラートたちは,ノーマルボイスで歌えるのでもっと鋭く高く美しい声である。
 ソプラノ歌手マリア・カラスの伝説として有名なことだが,シャンデリアのガラスをいとも簡単に震わせることができると思う。
 
 1922年に最後のカストラートが亡くなった。動画サイトに行けば古いレコードの音源が聴ける。
 ・・・ただ,あまり上手ではないことと,歳をとってからの録音なので,今ひとつであるのだが,伸びやかな高音を聴くと素晴らしいと思ってしまう。

 バチカンにも賛美歌を歌うカストラートがいた。かつて女性は教会で歌うことが許されず,少年はいずれ声変わりをしてしまう・‥理にかなった存在であった。
 
 神に捧げる歌を歌うものは「神様に黄金の玉を差し出している」といったところですかのぉ・‥


 モーツァルト作曲による「魔笛」の中の「夜の女王のアリア」は非常に高音が難しい。
  
 当然モーツァルトの時代にもカストラートはいて,教会や宮殿で美しい歌声を披露していた。宮殿出入りのカストラートは,貴婦人にモテモテ。「お遊び」には好都合のお相手と言うことになりますな。・‥何しろ・‥

 今一流のソプラノ歌手が歌ってもモーツァルトは
 
「は?なめてんの?」

と怒りをあらわにすることだろう。芸術も「美しさ」を追求するとこういう事になる。
 
 ニコニコ動画にカイトが歌っている「夜の女王のアリア」がある。まさしく人工的な高音・‥もっと人間らしく調整すればカストラートの歌声に近いやも知れませぬ。

 日常生活の我々も「美しさの追求」の名の下にいろいろと不自然なことをしていますな・‥

 自然体で生きていきたいと願う今日この頃である・‥年寄りの言い訳ですな。  


  

  
2013/07/08
00:37:21
 「本当はボーマスに出られなくてほっとしている。やはり人前に出るのは・‥ちょっとね」
 
 とか後ろ向きな自分が呟いているが,自分的にはスキルアップしたのかなと思っている。

 ボカロに興味をもつ → 作曲をする → 歌詞を書いて頂く → イラストを描いて頂く → 動画を作る → ニコニコ動画に投稿する → CDをつくる → イベントに出る

 最終段階が近いなぁと思いますな。ざっくりと段階を書いてみたけれど,更に間には,DAWソフトの使い方を覚える。動画ソフトの使い方を覚える。MIXを勉強する。

「ああ,自分はダメだし」とか思っている割には頑張ってるなと・‥自己肯定感があれば作業のモチベーションを維持することができますからのぉ。

 「どうせ」「だって」「でも」といった自己否定をしているだけの時間が自分には無いということぞ。

 極めるというのはおそらく最終段階に達した時を指すのだろうと思う。 イベントに出たら自分的に極まったことになる訳ですな。

 極まった後は次なる目標を設定して続けるか止めるのか・‥その時になってみないと分かりませんがね。  
23:56:31
今日はボーマス25だった。
参加したかったですなぁ。
幸いに自分のTL激しい実況中継は流れてこなかったのが幸いだったかな・・・

サークル参加を予定していたのでカタログは買わなかった。自分の作ったサークルカットが載っているカタログが欲しかったですな。

まだ,ピアプロ以外の「音」を貼れないので新曲は後ほどということになりますかのぉ。

高速曲です。そして七夕にできた曲にふさわしくキラキラした音を多用してみましたぞ。
ノリは良いと思うのだが,自分には速すぎますな。

高速でノリの良い曲にはどんな歌詞がつくだろうか・‥皆目見当もつきませんな。

そして土日に作業しまくったので,明日からまた仕事が待っている感じですな。いろいろ締め切りがあって,現実に引き戻されますな。

ずっと現実の世界から離れている訳にはいかないので,仕事をする日々に戻らなければなりませぬ。さもないと本当に引きこもりになってしまいそうですからのぉぉ





19:21:02
 詳しいデータがある訳ではない。
 しかし,高速曲は年寄りには作れない。

 お分かりだろうか,リズムにのってその曲を踊り切るには体力がいる。実際に踊らなくてもリズムにのることが重要なのである。
 その証拠に,年寄り御用達の演歌や民謡には,自分が知る限り高速曲は存在していない。

「速さ」というものは,その時代に存在しているものが尺度になる。
自動車が発明される前の時代は,速いのは馬や自転車である。自動車が発明された時代ならば自動車。今は音速ジェット機など珍しくないし,通信は光の速さである。だから今は高速曲ということになるのだろうな。

 今は楽譜に1分間あたり何拍うつかを記載している。

 古い楽譜は音楽用語で,例えば「アレグロ」「モデラート」「アンダンテ」などで表記されている。
 だから時代によって歩く速さの「アンダンテ」以下の速さは問題ないが「アレグロ」よりも速い「ビバーチェ」「プレスト」などは,実際の速さは異なってくる。古典派の「ビバーチェ」と現代の「ビバーチェ」ではイメージが違うのだ。その時代に生きていた作曲家が「速い」と感じたもので表現しなければならない。

 現代アレンジが加えられた自分の曲をタイムマシンに乗って作曲家たちに聴かせたらどんな反応をするのだろうか?興味がわきますな。


 自分は高速曲は創れない。息切れしてしまいそうですぞ・‥orz
2013/07/05
22:00:04
「いつやるか・・・?今でしょ」が流行って久しい。

 自分が作る音楽にも鮮度があるのだ。出来たての頃は新鮮だが,よほど気に入っていない限りは飽きてくるのだ。それは自分が表現したい「今」がそこにあるからに他ならない。
 
 誰だって「マイブーム」ってのが有る訳で,それが去ると

 「ああ~。あったね,そんなことが」
 になる訳よ。
 
 クラシック音楽は何百年も流行続けている。今のボカロ音楽で何百年後も歌い継がれるものがどれだけあるのかということですな。紛れもない流れ続ける歴史の1ページの中に自分たちがいて,「文化」を築いているのだ。
 自分はニコニコ動画に投稿しているが,毎日のように新しい動画が投稿され,まさに「使い捨ての音楽」なのだ。自分はそれを充分分かって制作している訳だけれど・・・

 いずれやりたいことは二週間14曲をアップし続けるのをやりたいですな。「また,お前か」といわれるようになればしめたものですな。
 
 
 
21:47:19
 自分の身に降りかかったことについて,どうとらえるかで,その後の自分が楽しくなるか,最悪な気分になるかが決まる。
 
 だいたい人のせいになんてしてたら,「あの人のせいで・・・」と関わった方達を恨むことになりますからのぉ。
 自分と何らかの形で関わった方には,感謝の気持ちをもたなくてはなりませぬ。
 
 たとえそれが独りでイベント参加をすることになったとしても・・・ブツの材料に協力して頂いている訳なので。

 今までボーマスに一度もサークルエントリーしなかった理由は3つあって,
 自分如きがエントリーするのは身の程知らずだという,実力が伴っていないということ。
 年齢制限は無いものの,自分自身が,一般参加で見て来た年齢層とは明らかに違うということ。
 「売る」ということそのものに抵抗があったこと。

 今回は本当に,残念な事態になってしまったけれど,エントリーしたいのにしなかった時の自分と比べたら何かしら成長できたと思うので,まぁプラスですな。

 しかし・・・なんとも腑に落ちないのは,自分が行けないのに誘ったり,忙しいはずで参加が不確定なのに売り場に来て下さるという発言ですな・・・まぁいろいろな考えがあるのだなと受け流すことにするが,自分的には絶対無いことである。
 
 そんなに自分に会いたいのかと思いますな。自分的にはちょっと考えてしまいますぞ。
 ネットは匿名性の高い世界なので,どんな人でも他人に迷惑をかけなければ,自己表現は多様に許されているし,それに関してとやかく言うのは間違っているのだ。他人の「表現の自由」を奪ってはなりませぬぞ。
 
 ただ,自分は,動画の世界に棲息しているのが似合っているかと思う。しかしブツが存在するならイベントに出なくてはならない・・・自分で保存するには多過ぎるので。
 
 

 
 



 
22:48:22
 本当に困った事態になっている。連絡が無いから問い合わせしたら「確認メールがエラーでした」と返信があった。
 出来上がったポスターは自宅が不在だったため持ち帰られてしまった。
 
「指定期日に間に合うのか」との問いには返答が無いのだ。ダメであればその旨はきちんと伝えるべきなのだ,ダメでなくても,確認メールがエラーになっている訳だから誠実な対応が望まれる。

 まぁ,全ては無謀にもイベントに出ようなどと企てた自分の責任なのだ。
しかし・・・だな,エントリーをするにはものすごく勇気が要ったし,自由時間が無い中で音源を最後まで頑張ったので心残りではあるのだがな・・・仕方がない。
 
 宣伝もできないし。協力した頂いた方には現物をお送りすると言うことで許して頂こう。

 今日こそは,発送の連絡があると思っていたのだ。そしてブツをイベント会場に送れば身軽に行けたはずなのだ 。
 ポスターを飾るものなど用意していたのだが・・・それも会場に送りたかったですなぁ。一番間抜けなのは,CD以外のアイテムを送っておいて欠席というパターンぞ。誰もいない机に段ボールが・・・そこには個人情報が記入された伝票が貼ってあるわけで・・・自分の本名や住み処がバレル可能性が有る訳で・・・全く恐ろしい事ですな。

 いずれにしても嫌な事態になることは必至ぞ。炎天下の中,大荷物で行くか,ブツが届かない故の欠席か・・・
 
 まー欠席の場合、自分は出もしないイベントのために金銭を使うことになるので,罰は受けることになりますからのぉ~

 次回と言うことになるのやも知れませんな。

 否「出る出る詐欺」と言われそうですな。エントリー自体を受け付けてもらえるかどうかも分かりませんのぉぉぉ。
 
 ただ,自分はどなたもお誘いしていないはずですぞ。自分の参加が危ういのに他の人を誘うなどと言うことはできません。

 それにしても,自分の作ったCDに興味をもっているのは,共同制作者さん達だけですから,身内の内輪のアイテム故、カタログを見て来て下さる方などいないとふんでますからな。

 ・・・と,持ち帰りの仕事の合間に毒付いてる感じですな・・・しかし来週には金が引き落とされるのだ。

 さて・・・と,業者さんには嫌みの1つでもメールで送ろうと思っている。しかし溢れる知性と教養が邪魔をして酷いことは言えないと思いますがな。 

22:05:39
 今年も半分が終わってしまったのだな。今年は正月早々動画をアップするなど,まぁ,趣味をそれなりに頑張っていると言えるのだが。
 
 明日もイベントがあるが,仕事上のイベントは,今ひとつモチベーションが上がらないものだ。かといって趣味のイベントの方はどうなのかというと・・・これまたモチベーションが上がらずにいる。「頑張った自分にご褒美」とか言いつつ前向きになれてたのだが,来週の今頃自分はどうしているのだろうなとかぼんやりと考えている。子供の頃は「あと何日で○○だよ」とか楽しんでいたのだが,どうもダメですな(>_<)・・・だからこそ「強制ポジティヴ」なんて言葉が生まれるのだ。

「過去をふり返らない」ってのは良く聞く話だが,自分は「未来も考えない」感じだ。未来とは現在の産物なので,今がダメなら未来が良いわけがないと思っているのだ。必死に今を生きることが未来に繋がるのだ。
 
 ・・・で今度の日曜日(7月7日)はどうよ?・・・自分的にやるだけのことはやったけれどあまり自信は無い。





 
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。ピアプロで歌詞募集をさせて頂いたり,ニコニコ動画に動画などを投稿しています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア