趣味のこととか
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:10:47
和風曲に欠かせない音源第1位と言えば箏であることに反対する人はいないと思う。
シルクロードを経てハープが箏になった。
雅楽の箏は中国や韓国のカヤグムの音色に近い。箏は、日本でさらなる進化を遂げたと思う。ハープと箏の音色の違い。ハープは柔らかな音色だけれど箏は、木の胴体で音を増幅させたり。爪で弾いたりすることによって華やかな響きになっている。カヤグムの低い音とは全く違う。大学の時、夏休みの講義で箏を習いに行った。桜の胴に象牙の箏柱、螺鈿細工だったような………チントンシャンカラカラリン………とかお師匠さんが指導。「あなたチンが駄目だからもう一回おやりなさい。巾の糸からよ」
チンやキンとか………上品なお師匠さんの口から出る用語が可笑しかった。笑いをこらえるのが辛かった。今回の曲の前奏は華やかで雅な音を追求した………ってことで。箏だけに。
スポンサーサイト
10:35:14
ピアプロの仕様が大きく変わっていた。住民もますます若返って、ジェネレーションギャップを感じずにはいられない。

上げたけど、下げようかと考えてしまう。

それはさておき、今回の曲は………またMIXが難航している。歌詞が決まり流し込んだ後にさらなるMIXが必要である。歌詞募集音源はらららに特化したエフェクトをかけるため、歌詞がのるとなんともお粗末に聴こえてしまう。雅楽に使われる楽器を用いている。サンプリング音源を所持しているので使える。マニアックな音源である。音楽的な嗜好によるが、同じだけの金額を出すなら、殆どの楽師は、他のサンプリング音源を選ぶと思う。和風しか書かないなら出番は多いけれど、それでも常用できるものでは無い。呟きで絡みのある楽師さんがピアノのMIXは難しいと言っていたけれど自分は弦楽器と笙が難しいと感じる。ピアノも音域が広いから何処に焦点をあてるのかが課題である。立ち上がりの遅いエアリーな音の方がうまく混ざらない上に、コンプレッサーをかけるとエアリーな部分の音に雑味が出てしまうので難しいと感じている。

絵師さんを探しやすい仕様になっていたけれど、どうだろうか………依頼をうけるということは条件付いてない限り嫌なものでもうけるという理解になる………やっぱり嫌ですな。絵師募集と書いたけれど………それも特に条件をつけていないからどうなるか分からない………ってコトで、
2017/08/03
22:42:12
創作は脳内に浮かんだアイデアを具現化させて出来上がる。具現化がうまくいかなくては思うような作品ができないのだと確信している。出来上がった作品からコレヂャナイ感を感じたらまさにその事態なのだと思う。それを言えば、言い訳すんなと、言われてしまうだろう。アウトプットがうまくいかないのは本当に辛い。多分コレは自分の永遠のテーマだと思う。
一年投稿していなかったけれど少しは進化したのだろうか………。自分の悩みをよそに知り合いの方々はどんどん創作に励んでいて………もちろん勝ち負けとかではなく、取り残された感が否めない。テーマは伏せる。公開しても意味が無いからだ。聴こえた様に感じた様に理解してもらう。他人のイメージを押し付けたところで感じ方は人それぞれ。
自分のいた再現芸術の世界では、この曲を作った時のモーツァルトは、離れて暮らす母親が亡くなっている………といった解説を元に、強弱やフレージングを考える様に指示される。悲しみを表す速さ、悲しみを表す強さ、タッチ等………死んでしまった作曲家の思いに寄り添う表現を考える中で再現芸術における創造的な表現の工夫が存在する………ピアノコンクールでの課題曲は同じでも同じ表現は無い。勝ちに拘れば、審査員好みの表現を追求していくことになる。それが良いか悪いかは意見が分かれるところである。自分は、再現芸術が好きでは無い。きちきちキツキツの表現の枠に縛られて身動き出来ないのが嫌で創作の世界に棲んでいる。自由な表現が楽しいのに、思い通りアウトプット出来ないってのは死んだも同然である。有名な作曲家が亡くなったあとは彼の頭からは音楽を引き出せない………そういうハナシだ。
自分にはまだまだ休息が必要………ってコトで。
2017/08/02
22:13:42
1年以上新曲を発表していなかった。自分が曲を作ろうが作るまいが全く影響は無いのだ。そんな曲が人の心を打つ訳もなく………歌詞の募集も歌詞の作成依頼もせず、ひたすら動画を作るか、音源を車で聴いて過ごしていた。聴きながら旋律を練って修正したものを書き出す事もしていなかった。
その日はいろいろあって、他人が望めば簡単に出来ることが自分にはできないのだと改めて気づいてしまった。足が速いとか泳げるとか個人の得手不得手といった類の話では無い。自分には絶対に外せないリミッターが掛かっているということを痛感した。………孤独を感じてしまった。1人でいるのは嫌いではない、ソリチュードはウエルカムである。自分が感じたのはロンリネスの方である。音を作っているときの自分には無制限な自由が与えられているのだと思った。例えるなら生きている。制限なく呼吸出来ることに似ている。
しかし出来上がった曲自体には制限かかりまくりである。

和風の音に英語の歌詞をあてるだろううか………流行りものをストレートに入れ込んでいるか………策士策に溺れるが如く、言葉にこだわりすぎて辻褄が合わないもの………瞬殺である。

ドラムにマニアックなエフェクトをかけて弾むようなイメージにしている。オケをしっかり聴いて頂きたい………ってコトで。


22:08:15

久々の投稿である。半年以上あいてしまったのは残念である。
イラストが探せなくて困っている現状は一向に変わらない。
どうにか素材をつなげて作品に仕上げることができた。厳密な宗教のことなど知らない。護摩行のイメージで作った。
「デジタル曼荼羅」である。お経も一種の歌である。
聴く人が聴けば,深い内容が含まれていることに気付くと思う。懐かしい古典の世界が広がっている。
川の流れも時の流れも決して止まらない。人間もいつまでもその場所にはいられない。諸行無常の世界は今この時この場所でも同じである。
自分自身も新年度から生活ががらりと変わった。

そして今日は,「なりたくなかったもの」になるための出張に行って来た。
そんな日の前日に動画ができたことも感慨深いと感じた。

・・・それにしても、自分のイメージではレン君は,犬夜叉に出て来る弥勒法師の感じである。まぁ彼も煩悩が捨て切れていないという点ではセクシー系の退廃法師とさして変わらないかな・・・とも思う。

いろいろな意味でもう逃げられない・・・ってことで。
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。ピアプロで歌詞募集をさせて頂いたり,ニコニコ動画に動画などを投稿しています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア