FC2ブログ
趣味のこととか
2020/10«│ 2020/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/12
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
18:35:15
自分はナンバー1とナンバー2が許せない。
結局責任の擦り合い的な。
健康診断の書類を出せと言われた。仕事を命令されて健康診断を変更させておきながら、変更期日を報告したのに、忘れていたというハナシ。間に合わなくしたのは自分ではない。
しかしそうも言ってられないので、土曜日に病院の梯子である。3件回って駄目でだった。かかりつけ医は既に窓口で断られていた。直接交渉したら入れてくれたので、持つべき者は友人だなぁとつくづく思った。しかし2日連続で血液検査をするハメになり、試験管5本血を抜かれて腕にあざが出来た…ってコトで。

スポンサーサイト



2020/11/23
18:22:43
世界で起きている事に意味は無い。
全ては自分の感じ取り方に尽きる。
生まれた時も死ぬ時も一人だということはずっと前から分かっている事だ。
それなのに此処にとどまろうとする自分。
人は変わっていく。変わらなければならない。
同じ事を繰り返して追い詰めるし追い詰められる事で苦しむの繰り返しだ。
好きな事が「ねばならない」になってしまった。
分不相応な活動を続けても心身が疲弊するだけである。
ただ音を作るのが楽しかった頃に戻りたい。
他人を縛る者は、自分をも縛っている。
嘆くことは無い。自分も相手も自由になれるのだから。
自分の世界に深く他人を入れてしまったせいである。
創作は自分の命(時間)を使う。それに見合うだけの作品を作りたかった。
自分が生きていると感じられるのが創作である。仕事が辛くても耐えられた。
出来上がる作品がお互いの共有物だと思っていたけれどそうではなかった。自分と同じだけの熱量でない事に気付いていたけれど気づかないふりをしてきた。もうとうの昔に限界は超えていた。此処に自分一人が取り残される事をずっと恐れていたのだ。
自分が苦しんでも何も感じないという事が分かった。面倒だと思うだけだろう。
こんなに重たい気持ちでは残りの人生を戦えない……楽しかった思い出を胸に、歴史の一瞬になるってコトで。
2020/11/23
11:29:48
1週間前になった。
コロナ禍が、自分のイベント参加を阻んだ。
窓口業務をしている身としては濃厚接触者になるわけにはいかない。濃厚接触者になれば2週間の出勤停止となる為だ。
M3の参加特例も次の春まで。事態が収まっている気がしない。つぶやきで流れてくるイベントの情報を羨ましく眺めるだけである。誰も感染せず、感染させずにイベントが盛況である事を心から願っている…ってコトで。
21:27:10
勿論温泉の堪能も忘れてはいない。立ち寄り湯をして宿でも温泉を満喫した。


山に雲がかかっていた。
山道ドライブはとても楽しかった。
鶴ヶ城へ行った。
30年前初めて行った切りでよく覚えていなかった。


二条城、名古屋城、小田原城、松江城…日本の城は美しい。
白虎隊の悲劇…昔の人は今の人よりも大人だと思う。寿命も短いから…
色々な意味で自分は幼いと思う。
それから「京都旅」のイメージで一服。


ベストショットだ。
あとは立ち寄り湯に入って高速で帰ろう。大好きな五色沼に行く体力は既に無かった。
角を曲がると渋滞していた。
「ここに駐めな」
と、おじさんに言われて駐めた。紅葉の美しい神社だった。どこかで見たことがあるような気がした。2週間前に呟きに上がっていた所だった。まるで真似したみたいやんか。何かストーカーみたいな体になっていて嫌だった。


次から次に人が来て写真を撮っていた。紅葉のベストシーズンに出かけることは無いので、見事な写真が撮れて良かった。
コロナ禍で県外旅行は近場に限る…ってコトで



21:09:16
コロナ騒ぎで旅行にも行けず、キャンペーンを利用して地域に貢献という大義名分である。
趣味もままならず、仕事量も常軌を逸してる状態。12月の締めが、コロナのせいで前倒しとなり、地獄が終了した。
行きたい気持ちだけで宿を押さえて出かけた。
月跨ぎの旅の始まりだ。
普通は指折り数えてその日を待つのだと思う。
高速には乗らず下の道を走る事3時間半、目的の大内宿に着いた。
目的はネギの蕎麦を食べることだった。


昔ながらの風景は秋だ。殺伐とした日常とは違うのんびりした時間が流れているように感じた。
土日だけあり、混んでいて予約してから散策。
ねぎ蕎麦と高麗人参の天ぷら。
漢方薬やドリンク剤に含まれるのは、凝縮されている。少し辛い様な味。人参だ。効果があるかは分からないけれど、変わったものが食べられて良かった。




大内宿町並展示館からの眺め
続いて塔のへつり
字が出ない。


とにかく絶景だった。紅葉の時期がベストシーズンだ。青緑の水面と紅葉のコントラストが最高だった。
紫色のリンゴを買えば良かった。


結構坂道や岩場を歩いて足が痛くなった。
次の日に続くって事で?
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア