趣味のこととか
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2017/08/17
11:27:57
去年から岩盤浴にハマって通っている。
横になるだけ。じんわりと汗が出てくる。
高い所の窓見上げ寝そべっていると、そこから雲が流れる切り取られた青空が見える。(今回は曇りだから見えない〕
囚われの身ってイメージをもってしまう


この汗………デトックス効果を期待したい………ってコトで。
スポンサーサイト
13:10:47
和風曲に欠かせない音源第1位と言えば箏であることに反対する人はいないと思う。
シルクロードを経てハープが箏になった。
雅楽の箏は中国や韓国のカヤグムの音色に近い。箏は、日本でさらなる進化を遂げたと思う。ハープと箏の音色の違い。ハープは柔らかな音色だけれど箏は、木の胴体で音を増幅させたり。爪で弾いたりすることによって華やかな響きになっている。カヤグムの低い音とは全く違う。大学の時、夏休みの講義で箏を習いに行った。桜の胴に象牙の箏柱、螺鈿細工だったような………チントンシャンカラカラリン………とかお師匠さんが指導。「あなたチンが駄目だからもう一回おやりなさい。巾の糸からよ」
チンやキンとか………上品なお師匠さんの口から出る用語が可笑しかった。笑いをこらえるのが辛かった。今回の曲の前奏は華やかで雅な音を追求した………ってことで。箏だけに。
10:35:14
ピアプロの仕様が大きく変わっていた。住民もますます若返って、ジェネレーションギャップを感じずにはいられない。

上げたけど、下げようかと考えてしまう。

それはさておき、今回の曲は………またMIXが難航している。歌詞が決まり流し込んだ後にさらなるMIXが必要である。歌詞募集音源はらららに特化したエフェクトをかけるため、歌詞がのるとなんともお粗末に聴こえてしまう。雅楽に使われる楽器を用いている。サンプリング音源を所持しているので使える。マニアックな音源である。音楽的な嗜好によるが、同じだけの金額を出すなら、殆どの楽師は、他のサンプリング音源を選ぶと思う。和風しか書かないなら出番は多いけれど、それでも常用できるものでは無い。呟きで絡みのある楽師さんがピアノのMIXは難しいと言っていたけれど自分は弦楽器と笙が難しいと感じる。ピアノも音域が広いから何処に焦点をあてるのかが課題である。立ち上がりの遅いエアリーな音の方がうまく混ざらない上に、コンプレッサーをかけるとエアリーな部分の音に雑味が出てしまうので難しいと感じている。

絵師さんを探しやすい仕様になっていたけれど、どうだろうか………依頼をうけるということは条件付いてない限り嫌なものでもうけるという理解になる………やっぱり嫌ですな。絵師募集と書いたけれど………それも特に条件をつけていないからどうなるか分からない………ってコトで、
2017/08/04
13:22:57
月末に旅行を入れた為に今月は想像した以上にタイトなスケジュールになっている。
生来のんびり屋なので、詰まったスケジュールは苦手である。仕事に追われるばかりの現状がなかなか改善されず困っている。
昨日は隣の県に出張した。4時過ぎにマニアックな場所を見学してきた。

レーシングカーを間近に見るのは大迫力。傷とかあって………展示されてるってコトは。途中でクラッシュせずにレースを無事終えたんだな………という達成感が伝わってくる。今日も出張………。昼休みにブログが書けるのはちょっと良いかもしれない。
2017/08/03
22:42:12
創作は脳内に浮かんだアイデアを具現化させて出来上がる。具現化がうまくいかなくては思うような作品ができないのだと確信している。出来上がった作品からコレヂャナイ感を感じたらまさにその事態なのだと思う。それを言えば、言い訳すんなと、言われてしまうだろう。アウトプットがうまくいかないのは本当に辛い。多分コレは自分の永遠のテーマだと思う。
一年投稿していなかったけれど少しは進化したのだろうか………。自分の悩みをよそに知り合いの方々はどんどん創作に励んでいて………もちろん勝ち負けとかではなく、取り残された感が否めない。テーマは伏せる。公開しても意味が無いからだ。聴こえた様に感じた様に理解してもらう。他人のイメージを押し付けたところで感じ方は人それぞれ。
自分のいた再現芸術の世界では、この曲を作った時のモーツァルトは、離れて暮らす母親が亡くなっている………といった解説を元に、強弱やフレージングを考える様に指示される。悲しみを表す速さ、悲しみを表す強さ、タッチ等………死んでしまった作曲家の思いに寄り添う表現を考える中で再現芸術における創造的な表現の工夫が存在する………ピアノコンクールでの課題曲は同じでも同じ表現は無い。勝ちに拘れば、審査員好みの表現を追求していくことになる。それが良いか悪いかは意見が分かれるところである。自分は、再現芸術が好きでは無い。きちきちキツキツの表現の枠に縛られて身動き出来ないのが嫌で創作の世界に棲んでいる。自由な表現が楽しいのに、思い通りアウトプット出来ないってのは死んだも同然である。有名な作曲家が亡くなったあとは彼の頭からは音楽を引き出せない………そういうハナシだ。
自分にはまだまだ休息が必要………ってコトで。
プロフィール

59ILU

Author:59ILU
鏡音リンとレンを使って曲を作っています。ピアプロで歌詞募集をさせて頂いたり,ニコニコ動画に動画などを投稿しています。海外旅行に行くのも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア